あなたの周りにインフルエンザにかかってしまった人がいる場合、積極的な予防対策として薬の投与という方法があります。タミフルは以前、異常行動が問題となりましたが吸入型の薬「リレンザ」はどのような効果があり重篤な副作用などはあるのでしょうか?

リレンザでインフルエンザ予防

毎年ニュースになるインフルエンザとリレンザについて

冬の時期になるとニュースではインフルエンザ情報が活発に取り上げられるようになります。全国各地でのインフルエンザの流行状況についての情報が報道され、流行している型についての情報や重症化の状況や死亡者数などについての最新情報を得ることができます。また、地域ごとに学級閉鎖などが行われている状況などもニュースとして取り上げられることの多い内容となっています。一方、インフルエンザ治療薬としてリレンザやその他の医薬品がよく用いられるようになってからは、その医薬品の在庫や備蓄の状況もニュースに取り上げられるようになり、パンデミックが起こった際に対応できる状態にあるかどうかということを知ることができるようになっています。一方で、リレンザなどの医薬品の安全性についての話題も取り上げられることが多くなりました。その焦点となっているのが未成年が使用した場合の異常行動であり、リレンザと同じノイラミニダーゼ阻害薬として世の中に出てきた医薬品を使用した未成年者が転落死するなどの事件が多発したことがきっかけとなっています。精神的に何らかの異常をきたしているということが推察され、治療薬を服用していることとの因果関係が研究されてきているものの、その証明の難しさから現状では薬の副作用によるものではないとされています。インフルエンザは高熱を伴うため、それによって精神的に不安定な状態になった可能性もあれば、ニュースでこういった話題が取り上げられたことに注目した愉快犯である可能性もあるということが指摘されています。しかし、誰もが注目した話題であることから毎年ニュースにも取り上げられて必ず話題とされるようになっています。