あなたの周りにインフルエンザにかかってしまった人がいる場合、積極的な予防対策として薬の投与という方法があります。タミフルは以前、異常行動が問題となりましたが吸入型の薬「リレンザ」はどのような効果があり重篤な副作用などはあるのでしょうか?

リレンザでインフルエンザ予防

リレンザ使用でタミフルのような異常行動は起こるのか

タミフルはインフルエンザの治療薬としてよく知られています。効能としては、インフルエンザの症状を極力抑えて、その病状の器官を短くすると言うのが特徴です。飲み方には注意があります。それはウイルスが増えていく過程で飲む事、また、インフルエンザの症状が出てから48時間以内に飲むことなどです。そうしない場合、思ったような効果が得られない場合もあるためです。このタミフルですが、一時この薬を飲んだ子供の異常行動と言うものが話題になりました。例えば、妄想、けいれんなどといった精神的な症状や、幻覚などを見て異常な行動を起こすなどです。建物から飛び降りるなどの事件もあったために、2007年には「原則的に10代には使用禁止」という事になったのは有名な話です。リレンザもまたインフルエンザを治療する抗ウイルス薬です。リレンザは吸入タイプとなっており、治療だけでなく予防としても使用できる点が特徴です。そして5歳以上から使用できると言う点もリレンザの便利なところです。リレンザを使用することで異常行動を起こすケースも、いくつかは報告されているようですが、うわごとなどのケースが大半と言われています。勿論異常行動を起こすと言うケースもまったく無いわけではありません。どちらの薬をとってもそういったリスクに気をつける必要はあるでしょう。ただ、これらの薬と異常行動の因果関係については、いまだにはっきりと分かっていないのが現状となっています。予防接種などで前もって自衛したり、自分の子供の場合などは、しっかりと気をつけてあげる事が最もよい予防方法でしょう。それでもインフルエンザに掛かってしまった場合は、年齢や目的などに応じてどちらかの薬をよく考えて選ぶようにしましょう。