あなたの周りにインフルエンザにかかってしまった人がいる場合、積極的な予防対策として薬の投与という方法があります。タミフルは以前、異常行動が問題となりましたが吸入型の薬「リレンザ」はどのような効果があり重篤な副作用などはあるのでしょうか?

リレンザでインフルエンザ予防

リレンザの使用方法と副作用

インフルエンザの治療・予防薬として効果があるリレンザは、インフルエンザ治療薬としては初めての吸入型の薬です。インフルエンザウイルスが増殖する鼻や口から肺までの間の気道に薬剤を吸い込むことによってウイルスの増殖を抑え、感染予防や治療を行います。使い方は簡単で、専用の容器に薬剤の入ったディスクを入れ、予防・治療それぞれの指定の量を吸引するだけです。インフルエンザウイルスは増殖が速く、1個体内に侵入すると24時間後には100万個にまで増えていると言われています。そのため、リレンザを薬局等で受け取った時には、その場で1回吸入すると良いと言われています。リレンザは薬剤が体内に入って1分後にはインフルエンザウイルスの増殖を抑制し始めるため、一刻も早く吸入することが望ましいのです。小さな子供に使用する場合、上手く吸入できないことがあるため、保護者が吸入器を支えたり、一度に吸いきれない分を何度かに分けて吸い込むなどの工夫が必要となります。
リレンザが吸入薬ならではの副作用もあります。インフルエンザウイルスは肺や気道で増殖するため、そのウイルスを排出するために咳が良く出る病気です。そのためもともと呼吸器に喘息などの持病がある人は、リレンザを吸引することにより呼吸が苦しくなることがあります。また小さな子供に吸入させた場合、親の制止を振り切って駆け出すなどの異常行動を起こしたという報告例もあります。他には下痢や発疹、嘔吐、息切れや喘鳴が起きる可能性があります。またひどい場合には動悸や蕁麻疹、口の中の腫れなどのアナフィラキシーショックが起きることもあるため、少しでも様子がおかしいと思った時には、すぐに医師に相談することが重要です。