あなたの周りにインフルエンザにかかってしまった人がいる場合、積極的な予防対策として薬の投与という方法があります。タミフルは以前、異常行動が問題となりましたが吸入型の薬「リレンザ」はどのような効果があり重篤な副作用などはあるのでしょうか?

リレンザでインフルエンザ予防

インフルエンザと空気清浄装置・リレンザでの確実な予防

空気清浄装置を使って良い環境を整えるというのは世の中の常識となりつつあり、病院での導入だけでなく、公共施設ともなれば当然のように空気清浄装置が設置されるようになりました。家庭においても購入して使用することが増えてきており、空気清浄装置市場は拡大の一途をたどっています。その目的は多数あり、適度な湿度を保つことで人の感染症に対する抵抗力が高い状態を保つと同時に細菌やウイルスが蔓延しにくい状況を作り出すというのが一つです。また、空気中に存在するウイルスや花粉などの感染源やアレルゲンを除去することで感染症やアレルギー反応を防ぐという目的もあります。そういったメリットが期待できるものの、過剰に信頼するのは危険があります。あらゆるウイルス感染を完全に防ぐことはできず、あくまで予防に役立つというだけだからです。リレンザで治療ができるようになって安心感を得やすくなった感染症としてインフルエンザは空気清浄装置を使っても危険を考えなければならない感染症の一つといえます。空気感染による危険性は下げられますが、主な感染経路は飛沫感染であるため、空気をいかにきれいにしても防ぎきれないことは否めないからです。本当に確実な予防をしたいと考えたらリレンザの予防投与を行うに越したことはないでしょう。冬にはどうしても仕事や学校を休めないという状況に置かれる期間もあるものです。そういった時期だけでもリレンザの予防投与を行えばコストはかかっても確実にインフルエンザ感染の危険をなくすことができます。空気清浄装置だけで大丈夫だと安心せずにより有効な手段を利用するということもいざという場面においては重要であると認識することが大切です。