リレンザでインフルエンザ予防

あなたの周りにインフルエンザにかかってしまった人がいる場合、積極的な予防対策として薬の投与という方法があります。タミフルは以前、異常行動が問題となりましたが吸入型の薬「リレンザ」はどのような効果があり重篤な副作用などはあるのでしょうか?

リレンザでインフルエンザ予防

リレンザの効果

リレンザは、有効成分であるザナミビルにより、インフルエンザの患者に対してはウイルスの増殖を抑制することで症状を徐々に緩和させていく効果が、まだ感染していない人に対しては体内に吸引している期間だけインフルエンザウイルスの感染を予防する効果がはたらき、即効性は経口投与をするタイプのインフルエンザ治療薬よりも高いことがよく知られています。では、リレンザのこのような効果はどのようにしてもたらされているのでしょうか。
リレンザ(ザナミビル)はノイラミニダーゼ阻害薬に分類されています。ノイラミニダーゼは、インフルエンザウイルスの表面に存在し、細胞内でつくられた複製ウイルスを細胞から遊離させる働きに関与する酵素です。細胞内から出た複製ウイルスは別の細胞と結合し、その細胞内でウイルスを複製していき、ノイラミニダーゼの作用で細胞の外へと飛び出していきます。これが繰り返されることで感染がどんどん進み、やがて高熱や筋肉の痛みなどといった症状があらわれるようになります。リレンザはこのノイラミニダーゼの働きを阻害することによって、細胞内で複製されたウイルスが遊離するのを抑えることが出来ます。
インフルエンザウイルスには大きくA型、B型、C型の3種類がありますが、リレンザが効果を発揮するのはノイラミニダーゼを持っているA型とB型のウイルスのみであり、C型のウイルスに対しては全く効果がありません。また、リレンザによる治療が有効なのは症状が出てから48時間以内であり、それ以降に薬剤を吸引した場合の効果は確立されていないとされています。冬の寒くて乾燥した時期に、突然高熱と身体の痛みを感じた場合は、すみやかに病院で医師の診察を受けましょう。

■インフルエンザ対策方法まとめ
インフルエンザの予防方法と体験談
リレンザ 通販
タミフル